スポンサーリンク

1日5分乗るだけで本格的なエクササイズができる「シェイプボード」

1日5分乗るだけで本格的なエクササイズができるマッスルプロジェクトの「シェイプボード」 フィットネス/ヘルスケア

乗るだけで本格的なエクササイズができる「シェイプボード」が、フィットネスブランド・マッスルプロジェクトから本日発売された。

フィットネスマシン「シェイプボード」

1分間に600回もの振動を発生させるこのシェイプボードは、1日5分乗るだけで有酸素運動や筋トレ、体幹強化などの本格エクササイズができるというフィットネスマシンだ。

9つのモードが搭載されており、初心者から上級者まで使用することができるほか、静音仕様になっているので、テレビを見たり音楽を聴いたりして「ながら」運動ができる。

大きな特徴は3つ。

一つ目はボードに乗ったまま機器を操作できるということ。付属の小型リモコンにはグリップが付いているのでTシャツやポケットなどに留めておけば、電源のON/OFFやモード変更など全ての操作がボードに乗ったまま行えるようになっている。

「シェイプボード」は乗ったまたリモコンで操作可能

振動のモード変更では具体的にどのような操作ができるのか。

低速振動をキープするパターンや、ゆっくりと振動速度を高めていくパターンなど、全部で9種類の多彩な振動プログラムを搭載しており、筋力や体の調子に合わせて変更したり、初心者から上級者までレベルに応じた無理のない効果的なトレーニングができる。

「シェイプボード」は9種類の振動制御プログラムを搭載

「シェイプボード」のトレーニング例

また、このような振動系のマシンで気になるのが騒音だが、シェイプボードは取付金具を長くすることで本体と干渉せず静音に配慮した設計になっており、周囲を気にせず二の腕や背中などのシェイプアップが可能だ。

「シェイプボード」は静音仕様

発売元のマッスルプロジェクトは昨年誕生したばかりのフィットネスブランドながら、そのプロモーションにおいて新日本プロレスリング株式会社と年間スポンサー契約を締結しており、イメージキャラクターには「100年に一人の逸材」の異名を取る棚橋弘至選手を起用。

マッスルプロジェクトのイメージキャラクター「100年に一人の逸材」の異名を取る棚橋弘至

同ブランドによると、今後はプロモーションのみならず、棚橋選手とともにフィットネス商品も開発していきたいとしている。

タイトルとURLをコピーしました